プロミス審査

プロミス審査の内容

プロミス審査

利用するキャッシング会社によって審査が多少異なっています。

 

即日で審査を受けるにもインターネットでの審査申し込みが出来るプロミスは、時間の短縮が出来て便利です。
プロミス審査の受付も24時間365日対応しているのが、忙しいサラリーマンにもうれしいですよね。
場所を選ばなくていい手軽さで注目もされるところです。
はじめて利用する場合には30日間の無利息期間もあり、利用希望者が多いのではないかと思います。
では、プロミス審査に落ちないようにするにはどうするとよいのでしょうか?

 

キャッシング 16 245px × 135px

 

プロミスでも、利用希望者の信頼に対して融資を行いますので、「この人は安心して融資をしても良く、返済は大丈夫だ」と思ってもらえなくてはいけませんね。
これは、申し込み者が提出する個人証明書類や収入証明書類、そして申し込み時の申請内容で判断されます。

 

もちろん、信用照会情報もチェックしながら、過去に延滞などの事故情報がないかも見られますね。
良く見せようとして、虚偽の申告をするのが一番マイナスとして見られますので、正直に申告するようにしてください。
どうせ自分のことだし、バレないだろうと思うかもしれませんが、必ず調べて事実がわかるようになっていますよ。
信頼できないと判断されると、プロミス審査に通過するのは難しくなるでしょう。

 

▼プロミス審査申込はコチラから▼

 

プラスの面よりも、マイナスとして捉えられるところを減らしていくようにした方が簡単なのかもしれません。
延滞が悪いイメージにつながるのなら、日ごろから支払いに関して、きちんと管理していくのも良い方法だと思いますよ。
キャッシングやローンでの延滞は確実に調べられてしまいますし、公共料金や使用している携帯電話での支払いが遅れても、確認すると審査でわかるものです。

 

何かしらの支払いが滞ると、返済の遅れる人と判断されて、プロミス審査通過が難しいですね。

審査における信用

審査における信用

ご自身では調整しにくいところかもしれませんが、お仕事に関しては、勤務年数が余り短くないようにした方がいいですね。

 

仕事を初めて半年で年収が高いというよりは、長くお勤めをして、普通程度の年収という方が、プロミス審査でも信頼度が高くなります。
比較的、低い給与だとしても安定的な収入があった方がいいのです。
これはお住まいの情報でも同じで、短期間で住居を変更しているのでは、あまり信用されません。
持家でローンを順調に支払っているのは理想的ですが、賃貸にお住まいでも居住期間は長い方が安心感があると思われますね。
家賃の支払い能力があり、支払いに関してしっかりしていると考えることが出来ます。

 

その他に、キャッシング会社を複数利用している場合には、注意していった方がいいですね。

 

キャッシングでは現在利用していなくても、会員登録がそのままになっていると、利用しているとみなされます。
一般的に3~4社以上との契約を持っていると、お金の管理は大丈夫なのだろうかと疑問視されやすいですよ。
3か月以内にいくつものキャッシング審査を受けて、審査通過しなかったという方も、何かしらの問題があると判断されます。
他社の借り入れを返済するために融資を受けようとしているという印象が強くなりますので、計画的な利用は難しい人と見られるからです。

 

そして、申し込みブラックとして、信用情報に掲載されるため、今後、他のキャッシング会社の審査に申し込みをしても通過することはないと思っていいですね。
ただし、本審査ではなく簡易審査を受けている場合には、申し込みブラックとして扱われることがありません。
プロミスでも借入診断が出来るようになっていますので、まずは確認してみましょう。

 

現在の借り入れ状況に関しても審査では確認しています。
総量規制として年収の1/3以上は融資できないことになっていますから、他社からの借り入れ額は審査の対象でもあります。

 

プロミス審査を受けるときにも、他社からの借入額を申請内容に加えることになっていますので、きちんと確認して正確な額での申告をしましょう。
他のキャッシング履歴があるとプロミス審査でも不利になると考えて隠す方もいますが、確認すると分かることなのでうそをつくようなことはいけませんね。
家のローンや車のローンは、この総量規制の対象にはなりませんので問題にはなりませんね。
順調に支払っているのなら、むしろプラスの面として審査には良い影響が出るのではないでしょうか。
逆に家のローンや車のローンで、支払いが遅れるようなことがあれば、マイナス面として判断されますね。
家や車のローンに関しても支払い状況は信用照会情報に掲載されるようになっています。

 

一般的なサラリーマンの方なら問題ないと思いますが、電話を持っているのは大事なことです。
固定電話ではなく携帯電話で構いませんので必ず持っている必要があるでしょう。
プロミス審査申し込みでも電話番号の記載をしますが、固定電話も携帯電話もないとなれば、審査通過が難しくなります。
連絡が取れなくなるという問題点もありますし、プロミス審査を受けるのに欠かせない条件でもあります。

 

プロミスでは50万円以上の借り入れを希望しなければ、所得を証明する書類は必要ありません。
しかし、インターネットで審査申し込みをしても勤務先には在籍確認の電話がいきますので、確認が取れる電話番号も必要になります。

インターネットで審査

インターネット審査

インターネットでの審査申し込みが便利なプロミスですが、注意点があります。
パソコンで入力をしますので、この時に入力ミスをしないことですね。
名前の漢字やふりがなという簡単なことでも、ちょっと違っているとプロミス審査に落ちるということはあります。
数字でもお勤め先やご自宅・携帯の電話番号がありますので、これに入力ミスがあれば、意図的ではないにしても虚偽の申告をしたのでは?と疑いが出てしまうのです。

 

電話での在籍確認をしますので、電話が通じなければ、その時点で審査は終了すると思って構いませんね。
住所の枝番でも個人証明書類の提出をしますので、照合して間違っているとプロミス審査には通過しないでしょう。
出来ればパソコンの入力で確認画面が出た時にプリントアウトしておくと確認しやすく、ご自身でも照合できますね。
単純なことですが、こういった理由で審査に通過できない方もいます。

 

プロミス審査でも重要視される信用情報ですが、なかなか管理のしにくいものですね。

 

ご自分に滞納した履歴があるかどうかを連絡してくれるものではありません。
したがって、記憶があいまいだと思った時には、直接、信用情報へご自身の情報を確認できるようになっています。
今までの利用歴もプロミス審査を受ける前に情報開示してもらっておくと、安心して審査結果を待つことが出来ますよ。
そのときに、他社からの借り入れがあれば金額もわかりますので、プロミス審査には適正な情報が申告できるようになります。
こういった準備をしておくことで、審査を受けムダに落とされるということが避けられるようになりますね。

 

審査に落ちるというのも信用情報には掲載されてしまいます。
良い履歴ではないので、審査に落ちた後は半年程度の間隔を空けて、別の審査に申し込みをしないと同じく通過しないということになります。
プロミス審査を受ける前に審査落ちをしたところがあるのなら、その申し込みから半年は経過していないと、プロミスの審査にも落ちる可能性はありますよ。
細かいことですが、十分に確認をしておきましょう。